大阪市西成区の糖尿病内科・内科

☎ 06-6661-2822(代表)
☎ 06-6655-1551(在宅直通)

〒557-0042 大阪市西成区岸里東2丁目15-11
診療時間 午前 9:00~12:00
午後 16:00~19:00
休診日 木曜/土曜午後・日曜/祝祭日

禁煙外来

禁煙外来について

一定の条件を満たせば、 保険適用で禁煙治療を受ける事ができます。

①保険適用の対象は、以下の条件を満たす「ニコチン依存症」の患者さんです。

  1. 直ちに禁煙しようと考えている
  2. ニコチン依存症のスクリーニングテストが5点以上
  3. ブリンクマン指数(1日の喫煙本数 ×喫煙年数)が200以上
    35歳未満の方は、この数値が200以上でなくても受けることができます。
  4. 禁煙治療を受けることを文書により同意していること(受診時に直筆サインが必要です)

※過去1年以内に保険診療での禁煙外来を受診していないことも条件です。

②禁煙外来にかかる期間

禁煙治療は、初回診察に加えて、初回診察から2週間後、4週間後、8週間後、12週間後の計5回で構成されています。その内容は以下の図に示すとおりです 。禁煙治療の薬剤としては、貼り薬ニコチネルTTS または、飲み薬チャンピックスのどちらかになります。

③禁煙外来の金額(目安)

  3割負担 1割負担 自費(全額負担)
ニコチネルTTS 約13,000円 約4,300円 約43,000円
チャンピックス 約19,000円 約6,500円 約65,000円

※金額には、禁煙外来の診察代、処方箋代、処方薬代が含まれます。
※12週間(計5回)の診察費用の合計です。

  • 仮に、タバコを1日1箱吸う人の場合、 8~12週間分のタバコ代と、健康保険等を使った禁煙治療費を比べてみましょう。グラフのように、あなたが禁煙治療に支払う費用のほうが、タバコ代よりも安くなります。
    ③禁煙外来の金額(目安)
  • 禁煙の生活が長くなればなるほど、タバコを吸わない人と同じ健康状態に近づきます。 禁煙が遅いということはありません。喫煙生活を見直してみましょう。

飲み薬の禁煙方法

2008年1月に承認された日本初の飲み薬タイプの禁煙補助薬がバレニクリン(商品名:チャンピックス)です。
従来の禁煙補助薬と違い、ニコチンを含まず、ニコチン依存に関わる脳内のしくみに作用して禁断症状を和らげます。さらに、服用中に再喫煙した場合にも「タバコがおいしい」と 感じにくくする作用もあります。

飲み薬(チャンピックス)の禁煙外来 スケジュール

飲み薬(チャンピックス)の禁煙外来 スケジュール

チャンピックス(内服薬)

※最初の1週間は喫煙してもよい(できる人は禁煙しましょう)
※第2週目からは完全禁煙

飲み薬の長所
  • 飲み薬で使い方が簡単。
  • ニコチンを含まない。
  • 禁煙後の禁断症状だけでなく、喫煙による満足感も抑制する。
  • 循環器疾患のある人でも使いやすい。
  • 肌の弱い人にも使用できる。
飲み薬の短所
  • ニコチン製剤との併用ができない。
  • 副作用として吐き気がでることがある。
  • 服用中は眠気が出ることがあるため、自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事できない。
  • 内服薬との因果関係は明らかではないが、抑うつ気分等思考の変化などが現れることがあり、その場合はすぐに中止となる。

飲み薬慎重投与:
腎機能障害のある方及び血液透析を受けている方。
飲み薬禁忌:
バレニクリンの成分に対し過敏反応がある方。

貼り薬の禁煙方法

貼り薬(ニコチネルTTS)は肌に貼る タイプの禁煙補助薬です。
貼り薬に含まれたニコチンが毛細血管から吸収され、禁断症状を和らげてくれます。

貼り薬の禁煙外来スケジュール

貼り薬の禁煙外来スケジュール

ニコチンパッチ(貼り薬)

※最初から禁煙
※パッチを貼り始めたら吸わない

貼り薬の長所
  • 貼るだけで使い方が簡単
  • 1日中効果が継続
  • 食欲を抑制する作用があり、禁煙後の体重増加の軽減が期待できる。
貼り薬の短所
  • 突然タバコを吸いたくなったときに対処できない。→ニコチンガム を併用する方法もあります。
  • 貼った部位の皮膚の発赤やかゆみが出ることがある。
  • 汗かきの人、スポーツをする人は使いにくい。

飲み薬禁忌:
非喫煙者、妊婦、授乳婦、不安定狭心症、急性期心筋梗塞(発症後3ヶ月以内)、重篤な不整脈、経皮的冠動脈形成術直後、冠動脈バイパス後直後、脳血管障害回復初期、本剤の成分に過敏症

▲ トップ